2009-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フート弁交換(スタッフD)

先日、泡消火設備のフート弁の調子が悪いので交換して欲しいとのご依頼があり、工事に行って来ました。

交換の為に給水菅を引き上げてみると・・・

IMG_1461.jpg
配管の先に設置されているはずのフート弁がありません・・・・・。

水槽の中を覗いて見ると、配管の先に設置されていたであろうフート弁の残骸が。。。

どうやら錆・腐食によりフート弁が脱落してしまったようです。

当然、このままでは使用できない為、配管とフート弁を新しいものへ交換しました。
IMG_1464.jpg

避難ハッチ等もそうですが、やはり鉄製の器具は水に弱く、長年経過すると錆による腐食等で使用できなくなる場合もあります。

こうなる前に交換が必要ですね。


定期点検の大切さを改めて実感した日でした。

スポンサーサイト

誘導灯 (スタッフ K)

画像 116


先日、誘導灯の非常用バッテリー交換を行いました。

非常用バッテリーの寿命は、約4~6年とされています。

誘導灯は、停電した場合に20分間以上点灯しなければ

ならないと法令で決められています。

いざ避難をする場合に、誘導灯の非常用バッテリーが

寿命切れやランプ不点灯だったら意味がないので

誘導灯がある場合は、

定期的な点検をした方がいいと思います。


大事だな・・・と思うこと (スタッフH)

DSC03347.jpg

まだまだ寒い日が続きますね。
皆さん、体調に気をつけて下さい。

今日は、学校へ消防設備点検に行って来ました。
春休みということもあって、生徒さんが少なく進行は上々でした。

建物規模が大きいと、色々と考えながら進めなくてはなりません。

①足の疲れを軽減 (スリッパではなく、上履きを使用)
②移動距離を少なくする (出来る限り道具を体に常備する(重いけど・・・))
③各作業員が気を配る
など

現場によって色々とありますが、
私的には③が特に重要と思っています。

点検には必ず頭となる者がいます。
しかし、指示を待っているだけではスムーズに進みません。
各々が、声を掛け合って、助け合っていくことが大事です。


そんな人達同士で、仕事が出来たら最高ですね。





4件連続で勉強

先日スタッフMさんと、障害者援護施設へ、漏電火災警報器、誘導灯、非常照明を設置しにいきました。


工事前に現場を調査し、機器の設置する位置や、配線のルート、分電盤などを確認し

図面に書き込み、計画を立てて工事に臨んだのですが・・・



実際工事に入り、スタッフMさんからの指導とアドバイスをもらいながら進めていくと

自分で計画したよりも工事がスムーズに進行し、見栄えよく設置することができました。


1件ごと終わらせていくたびに、色々学ぶことができ、4件連続したことで

前回の内容を生かしながら工事を進められました。


まだまだ経験不足ですが、今後もこんな調子で成長できたらと思います。 

ので、応援宜しくお願いします。



新築工事

スタッフGです。

昨日、前回に引き続き、スタッフHさんと新築工事に行ってきました。

今回の作業は、消火器と避難器具の設置と消防検査です。

消火器は粉末消火器と中性強化液消火器を設置しました。

避難器具は、ハッチ式のはしご7台とアルミ製つり下げはしご1台を設置します。

ハッチの枠はバルコニーの床にすでに埋設されており、中のはしご本体の取り付けとなります。

はしご本体の取付は難しくはありませんが、取付出来る状態にするまでが大変です。

ハッチの蓋には、キズが付かないようにコンパネとテープで養生されています。

コンパネはすぐに取り出せますが、このテープが曲者です。

コンクリートが付いて取れなかったり、テープもすぐに切れてしまったりして、苦戦しながら除去しました。

そんなことをしている間に、消防検査の時間となりました。

消防官の方が2名いらっしゃいました。

ちょっとしたトラブルはありましたが、検査は無事に終了しました。

やっと緊張感から開放され、昨日はよく眠れました(笑)

新築工事は大変だけど、楽しいですね。

次の新築も頑張ります。

それでは、また。








WBC 発報

こんばんわスタッフです。

WBC感動しましたね~

運転中に、前方の車の運転手が ガッツポーズ

「ダルビッシュ有が三振を決め、ゲームセット!」の瞬間でした。
WBC イチロー※イチローの2点タイムリー


今日は、テナントビルの消防設備点検です。
「・・・いいとこよ~ 」とスナックのママに誘われました
何だろうか
テレビがついた瞬間、WBCの中継でした。
”今いいとこよ~ ”だったようです。 よく聞き取れませんでしたが、納得しました。




コーポあやさめ 09.3②

先日、ハッチ式の避難器具格納状態がこんなでした
 オーナーさんに確認したら、建物改修の際に、開けっ放しにしたままだ とのことでした。

雨などに直接当たると、腐食が早まってしまうことや、
いざという時の使用に、支障が出てしまうなどをお伝えしました。


本日は、WBCでそれ所では無さそうです。

日本中が、燃えに燃えています。
発報!





老人ホーム火災(スタッフD)

たまゆら
また痛ましい事件が起きてしまいました。
今回の火災で10名の方が亡くなられたそうです。

特にこの時期、空気は乾燥しており火災になると大火になりやすいと言われています。

火災の原因は現在調査中との事ですが、煙草の不始末の可能性が強いとの事です。

認知症や身体が不自由な方々が生活する場所は火災の際には避難が困難な事が多く、
日頃の避難訓練や消火訓練及び通報訓練が大変に重要だと思います。

訓練をする事で防火の意識も高まると思いますし、特に火災の時はパニックになりやすく
初期消火で使用する消火器も有効に使用できないケースもあります。

確かに火災は『一生の内一度経験するかどうか』かもしれませんが
実際に火災になった時の事を考えると・・・非常に恐ろしいです。


いざ火災になった時に誰がどのように対処するか
今回は是非これを皆さんに考えて頂きたいです。

連結送水管 (スタッフ K)

画像 102

連結送水管の耐圧性能点検を、実施しました。


連結送水管、消防ホースは、耐圧性能点検が

義務付けられております。

・連結送水管は、設置後10年経過した場合3年ごとに耐圧性能点検が必要

・消防ホースは、設置後10年経過した場合3年ごとに耐圧性能点検が必要
 但し、易操作性1号及び2号消火栓ホースは、除く。


点検方法は、送水口から動力ポンプ等で送水して接続部分、配管等から

漏水等がないか確認します。



新築現場 その2 (スタッフH)

16日に続き、新築現場の2日目に行ってきました。

こちらのお客様からは、消火器・自動火災報知設備・避難器具・防火設備と4種類の
設備を請け負っています。


今日は何としても、自動火災報知設備と防火設備を終わらせなければなりません。


DSC03337.jpg
≪管理人室にて受信機の工事中≫



残工事を考えると微妙でしたが、2日目ということもあり、

他職人さん達と譲り合いながら進める事が出来ました。 (何とか終わりました)


工事現場は、常に完了期限との戦いです。

スムーズに行かないことも度々ありますが、そこに面白さもあります。


来週の完了検査、楽しみです。




無線式住警器

スタッフSです。

今月、西東京市内の戸建に無線式の住宅用火災警報器を取付に行きました。


今回が初めての取付ということで、、会社で周波数チャンネルを合わせ

設定をし、準備万端で、いざお客様のご自宅へ。

普通の住警器同様、天井へ取付し、お客様の希望でタバコで試験。

実際煙を当てた住警器からは「火事です火事です」

他の部屋の住警器からは「他の部屋で火事です」

お客様と声をあわせ、思わず「おおーーーッ」
 

お客様も満足していただけた様子で、無事終わることができました。
DSC01598.jpg
DSC01599.jpg





西東京市のMさんありがとうございました。








新築現場

スタッフGです。

今日は、スタッフHさんと世田谷区の新築現場に行って来ました。

建物は地上3階、地下1階です。

今回の依頼内容は、消火器、自動火災報知設備、避難器具、防火扉の新設工事です。

火災受信機はホーチキ製のP型2級の複合受信機を使用します。(忙しくて写真が取れませんでした。すみません。)



今日の作業は、自動火災報知設備の新設工事です。


まず、管理室に火災受信機を取付しました。

受信機は重いので、アンカーの打ち込みをしました。


無事に固定が終わり、次に感知器の設置です。

地下から順番に設置していきました。

私の予定では、今日すべての感知器が設置完了となるはずが・・・。

考えが甘かったようです

他の職人さんと作業をしている部屋がかぶったり、養生されていなくて、1回1回養生しながら感知器設置したり・・・。

そうです。

作業をしているのは、私たちだけではないのです。

他の職人さんたちとお互いに邪魔しないように作業をしなければならないのです。

結局、2階部分を残し、掃除をして帰りました。


今日は、新築工事の怖さが改めて身にしみた一日でした。

来週の水曜日に完了検査なのに・・・。

休日出勤しないと終わらないかも・・・。

とても憂鬱です。

今から各設備の設置届と使用開始届の作成が待っています。

これまた憂鬱です。

でも頑張ります。

それでは、また。

13日の金曜日

こんにちは
スタッフです


先日、雪の日に新宿へ点検に伺いましたが、
今日は、曇りの新宿です。

DSC06130.jpg



今回は、消防設備の改修で、機器交換です。
昔の機器は、現在の物よりサイズが大きいので、
リニューアルプレートを使用して取り付けました。

DSC06126.jpg




今日の天気は、午前中晴れ⇒午後には曇りからになりました。
そして、強風になりました。

DSC06131.jpg


木に洗濯物が干してあるようです・・・珍しい人がいるもんだな~と
・・・実は、風で飛ばされたようです。
よく見ると、電灯にも掛かってます。


多分、来月も干しっぱなしのような気がします。
心配です。

13日の金曜日の出来事でした。







高所恐怖症(スタッフD)

200903071551000.jpg
先日、とある物件に消防設備点検に行ってきました。

消防設備は屋上にも消火器、消火栓放水口、補助高架水槽等様々な
消防設備が設置されており、建物の屋上に行く機会も多いのです・・・

この仕事を始める前までは高所恐怖症で高い所では、足が竦んでいた私でしたが、
慣れてきたのか最近では率先して行くようになってきました。(笑)

高い所からの眺めは快適で、この仕事をしていなければ、
恐らく未だに高所恐怖症のままであったと思いますし、
普段なかなか見れない光景を見れているんだなと思うと、得した気分にもなります。

又、屋上には消防設備以外にも様々な設備が設置されており、
こんな所に設置されているのかと驚かされる事も多いです。

消火器 (スタッフ K)

画像 089

消火器には、さまざまな種類があります。

例えば、

・粉末(ABC)消火器
・強化液消火器
・泡消火器
・二酸化炭素消火器
・水消火器

などがあります。

一般的な使用方法は、下記の通りです。

1、安全栓を引き抜く
2、ホースをはずし、火元に向ける
3、レバーを強くにぎる


木や紙の火災には水系消火器、

油の火災には粉末消火器や泡消火器がおすすめです。

消火器の役目は、あくまでも初期消火ですが

場所に応じた消火器を、設置したほうがいいと思います。









またしても・・・  (スタッフH)

心斎橋商店街 火災

10日午前に大阪・心斎橋の商店街で火災が発生しました。

かなり大きかったようで、一度鎮火したように見えてまた再燃したと、
テレビで放送していました。

原因は調査中とのことですが・・・


皆さん、
火災と言うと、放火による出火が結構あると思いませんか?

私たちの会社から近い杉並区でも連続放火がありました。

最近では、多数の死者を出してしまった大阪・難波の個室ビデオ店。

15人もの尊い命が犠牲となってしまいました。

東京消防庁のデータでも、「放火・放火の疑い」が出火原因の1位となっています。


主な出火原因 


ご自分で気をつけていても、点けられてしまってはどうすることも出来ません。

火災は本当に恐ろしいものです。

今一度、家の周りや玄関先などに燃える物がないかどうか、確認しましょう。

地域設置消火器

はじめまして。

スタッフです。



スタッフGにつづき、また質問です!

皆さんのご自宅に消火器はありますか??

ほとんどの方が 「ない」 と、お答えになると思います。

皆さんのご自宅の近所にも、実は消火器は設置されています。

この消火器は、行政で管理され、

いつでも地域の方が使用できる消火器なのです。

西東京市だけでも、1000本を超える消火器が設置されています。

ぜひ、これをきっかけに、ご自宅から一番近い消火器を探してみてください。

きっとすぐに見つかりますよ(^^) 

ただし初期消火は1分1秒を争います。

ぜひ、ご自宅にも設置しましょう。





あなたの家は大丈夫ですか?

はじめまして。

スタッフGです。


突然ですが、皆様に質問です。


  『 あなたの家は、どのような防災対策していますか? 』


皆様の中には、

  ●持ち出しセットがある。

  ●棚を固定してある。

  ●非常用ラジオがある。

  ●非常用懐中電灯がある。

  ●消火器を設置してある。

  ●非常食がある。  


等のいろいろなご意見があるかと思います。



では、この質問はどうでしょうか?


  『 あなたの防災対策を、最近確認しましたか? 』


ここで、胸を張って、


  『 しました。 』 


と答えられる人は優秀です。

これからも定期的に確認しましょう。



  『 多分大丈夫。 』

と答えたあなた。


あなたは、準備をしただけで満足していませんか?

せっかく準備しても、

いざ使おうと思った時に使えなかったら、意味がありません!!

多くの防災対策商品には、寿命があります。

例えば電池、賞味期限、使用期限など。

消火器においては

スプレー式消火具・・・有効期限3年(大体、缶の底に書いてあります。)

住宅用消火器・・・有効期限5年

一般的な赤色の消火器・・・有効期限8年

となっております。


これを機に、確認してみてください。

雪の日の消防点検(スタッフM)

先日、消防設備の点検に行って来ました。
場所は、新宿です。
空を見上げると、沢山の雪の粒が降っています。
高層ビル上層階は、曇って見えません。
DSC05958.jpg


運よく、外での点検はありませんでした。
DSC05960.jpg
建物内


そんな日は、景気付けに脂がのったこんな昼食を頂きました。
DSC05959.jpg


勢いも乗り、午後からも「消防設備保守点検」を実施しました。
これ以上に雪が降ってしまうと、西東京市に帰れるかどうかが、心配でした。


テーマ:おすすめ - ジャンル:日記

つけましたか?住警器 (スタッフD)

※住警器とは住宅用火災警報器の略称です。

今日は住警器を設置する建物へお知らせ配布に行ってきました。
私達の仕事は住人さん、テナントさんが住まわれている所へ点検や工事へ行く事が多く、現場へのお知らせ配布は欠かせません。

火災で亡くなられる方の半数以上は逃げ遅れによるものです。
この住警器は火災警報器の設置されていない建物に住まわれている住人さんの逃げ遅れを防ぐ為に設置が義務付けられた比較的、新しい法律です。
実際に住警器を設置したご自宅で、火災を未然に防ぐ事ができた例もいくつか報告されており、信憑性の高さが伺えます。

この仕事をしていると、防災機器及び消防設備とはお守りのような物だと日々感じております。
使用しないに越した事はありませんが、万が一の時には生命にも危険を及ぼす火災の恐ろしさを考えると、出来るだけ早く設置する事をお勧め致します。


あなたのご自宅にはもう設置されておりますか?

自動火災報知設備の工事 (スタッフK)

今日は、感知器の配線延長工事をしました。

その後にも用事があったので、時間が

ない中での工事でした。

天井を落とした状態だった為、

予想していたより早く終わりました。


でも、

会社に戻ったら、消防申請書類作成が待っています。
私の時間に終わりなし・・・。














本格的にスタートです (スタッフH)

もしも火災が発生したら・・・

私たちは、その時に生かされる設備のメンテナンスや、
工事を行なっています。

現在は高齢化社会が進んでおり、火災による被害者が後を絶ちません。
しかし、消防設備が一人でも多くの人命を救えるよう、スタッフ全員で頑張っております。

ブログを通じ、消防設備の大切さをお伝え出来たらと思っています。


堅苦しい訳ではありませんので、時々覗いて頂けたら幸いです。


ナカムラ防災株式会社 スタッフ一同

テーマ:ブログはじめました! - ジャンル:日記

«  | ホーム |  »

プロフィール

ナカムラ防災株式会社

Author:ナカムラ防災株式会社
拠点:東京都西東京市
業種:消防設備業
スタッフ:十数名
このブログでは、弊社スタッフの日誌を公開しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
スタッフH (100)
スタッフK (99)
スタッフD (99)
スタッフM (99)
スタッフG (99)
スタッフS (99)
スタッフY (31)
スタッフA (38)
スタッフT (46)
スタッフA.T (13)
スタッフHY (18)
スタッフN (18)
スタッフRK (4)
スタッフNS (3)
スタッフKA (2)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。