2009-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去の出来事 (スタッフG)

こんばんは。



スタッフGです。



今回は、以前行った吊下げ式避難はしごの交換の事を書きます。



弊社がメンテナンスしているとある建物の消防設備点検を行い、



避難はしごが錆びており、交換することになりました。



DSC05790.jpg



交換に伴い、はしご格納箱の寸法を調べて、



後日作業に行きました。



新しいはしごを格納箱に収納し、すぐに帰るつもりでした。



ところが・・・。



は、入らない



こんな感じになりました。



DSC05792.jpg



DSC05793.jpg



そうです。



蓋を閉めたままの寸法を測っていたんです。



この日はそのままはしごを持ち帰り、



後日、ちゃんと入るはしごに交換させて頂きました。



いい勉強になりました。



やはり事前の準備は大切ですね。



同じ間違いはしないように頑張って行きたいと思います。



それでは、また。
スポンサーサイト

消防訓練してますか! スタッフM

こんにちは スタッフ M です


みなさん

消防訓練を ご存知ですか?

消防署の職員等が、消防設備の説明、避難の仕方、実際に消火器の実践を指導したりします。


先日とある物件で、子供に消火器の実践を指導する職員の姿を見させて頂きました。


やさしく、しっかりと指導している姿は、とても勉強になりました。



いざという時、消火器を正確に使用できるように

消防訓練は、とても大切な行事だと再認識させられました。



DSC07707_.jpg


もしかしたら

この子供が

10数年後に

消防隊員に

なってるかも

しれません!



消防訓練してますか!

消防設備士講習(スタッフD)

先日、消防設備士の講習に行ってきました。
IMG_2129.jpg


さて、今回行ったのは特種消防設備の講習だったのですが、

これは比較的新しく新設された設備で、まだ資格ができてから5年程度。。。

もう字の通りですが、特殊な消防設備です

簡単にいうと、オーダーメイドの消防設備です(笑)

しかし、まだまだ普及はしていなく日本全国で数十件程度。

当然、持っている人も他の消防設備に比べて少なく講習も少人数でした。


受けてみた感想としては、もう少し建築関係の事を教えてもらいたかったというのはありましたが、

初めて知る事も多く、非常に面白い講習でした。

まだ、私もお目にかかった事がない設備ですが、、、

今後、技術の向上により新しく画期的な消防設備ができたら・・・


講習の先生も言っていましたが、理想としては
①火災を発見する
②火災を知らせる
③避難を誘導する
④火災を消す

この4項目が同時に一つの消防設備でできれば、画期的ですよね?

火災により、亡くなられる方を一人でも多く少なくする為に私達は日々仕事をしています。


次回は火災について、火の燃え方等詳しく書いてみたいと思います。




誘導灯(スタッフK)

画像 305


誘導灯を蛍光灯タイプからLEDタイプにしました。


LEDタイプは、


蛍光灯タイプより、省エネで電気代および二酸化炭素排出量の


削減が可能です。


有害物質ゼロで地球環境保護に貢献できます。


作業性を考慮した設計により機器取付や部品交換が容易です。


作業は、予定通りできました。


処分する誘導灯が大型だった為、


車に積むのが大変でした。

【日々の出来事】 シルバーウィーク  (スタッフH)

9月19~23日まで続いていたシルバーウィーク大型連休がついに終わりとなった。


渋滞

今日から、会社や学校という人が多いと思うが、もしかしたら来週の月曜までという人もいるかも知れない。

こんな怠惰なことばかり考えていてはダメかもしれないが、気になるのは次の大型連休がいつになるのか?  
つい気になってしまう。

とりあえず、シルバーウィークとしては2015年まで出現しないようだ。


今回の我が家の休日は、どこにも行かずのんびりしたものだった。

子供と公園で遊び、1回だけだが外食に出掛け、家事も少しだけ手伝った。

幸せを感じることができた休日だった。

若いときは浪費家だったが、最近は節約して生活している。

散歩1つとっても楽しく感じられるようになってきた。

年取ったといえばそれまでだが、のんびりした時間の経過が楽しい。

これで景気が良くなってくれれば・・・




消火器

先日、消火器が破裂する事故がおきてしまい


古い消火器の件でのお問合せが多数寄せられております。


お客様の不安を一刻も早く解消する為


今日もスタッフ一同、消火器の引き取りに


市内をグルグル回ってきました。


沢山の古い消火器が集まりました。


haiki.jpg


まだまだ沢山の古い消火器が潜んでいるはずです。


みんなで一丸となり、古い消火器を新しい安全なものに交換し


より住み心地の良い、西東京市を目指し、頑張りましょう。





この前練馬にて消防設備点検中、空を見上げると


ひひひ


飛行船です。


しばらくぶりに見ました。







自動火災報知設備 受信機交換工事 (スタッフG)

こんばんは。



スタッフGです。



先日、担当している物件で、



自動火災報知設備が誤作動していると連絡がありました。



誤作動は、その日の朝の4:00くらいに始まり、何度も起きていたようです。



私が現場に行ったとき、消防車が現地に来ていました。



受信機を確認すると、全回線火災表示(発報)していました。



現状を確認して、基盤不良と判断しました。



オーナーに 『基盤交換、または受信機の交換が必要です。』 と伝えました。



そしてメーカーに確認。



『基盤もまだ製造されているが、他の部分も劣化しているので、受信機交換したほうがよい。』 との事でした。



その事をオーナーに伝え、今回火災受信機の交換工事をしました。



1_convert_20090917202042.jpg
交換工事前


2_convert_20090917202114.jpg
交換工事中



3_convert_20090917201946.jpg
交換工事後



無事に交換工事が終わりました。



機能が正常状態に戻りよかったです。



遅い時間になってしまったので、受信機周りの補修作業は、



また後日に行いたいと思います。



それでは、また。



消火器破裂(スタッフD)

大阪の駐車場で、放置されていた消火器が破裂する事故が起きてしまいました。

この消火器は約20年前から雨ざらしのまま置かれていたそうで、

消火器の容器自体の腐食が進んでいた可能性が高いようです。

又、消火器の胴体部は底が抜けた状態で、

約10メートル離れた駐車場に接する路上に落ちていたようです。


下記写真は事故のあった消火器と同タイプと思われる、加圧式粉末消火器の内部構造です。
IMG_2105.jpg

この加圧式粉末消火器は常時は常時は大気圧と同じですが、

安全ピンを抜き、レバーを握る事により加圧用ガス容器に穴を開け、薬剤を放射します。

この加圧時には一時的に1.5MPa程度のかなり高い起動圧力が容器に加わります。


消火器の容器は鉄製の物も多く、長年雨ざらしにすると

特に底からサビ等の腐食が進み、脆くなります。


そうです、容器自体が起動圧力に耐え切れなくなってしまうのです

そうすると圧力は弱った底の部分や消火器の上部より逃げようとしますので、部品が飛散し

大事故に繋がります。


今日は朝から消火器問合せの電話が会社に殺到していました。

皆さんも今一度、ご自宅や駐車場のガレージ等を確認してみて下さい。

古くなった消火器は、危険です。



ハッポー! 消防点検 してますか! スタッフ M

皆さん こんにちは

スタッフ  です


消防点検 してますか!


消防設備は いざという時に

その威力を 100% 発揮し

初期消火や避難活動等を

効率よく実施できる 手助けをしなければなりません



先日 とある物件で

自火報の未警戒を発見しました



そこは 間仕切などの工事にて

感知器の未設置でした



こ~じ!


感知器の 設置コ~ジ!


既設建物のため

すんなりと 進みはしませんでしたが

なんとか

差動スポット型感知器1個

設置完了しました!

DSC07505.jpg


発報!

水(浸潤剤入り)消火器 (スタッフK)

先日、水(浸潤剤入り)消火器の点検をしました。



200909090936000.jpg



水(浸潤剤入り)消火器は、


クリーン性が高く、二次災害の影響が少ない消火薬剤を使用しています。


湿潤性に優れた薬剤により、通常の水に比べて


高い消火力を発揮します。


塩類やイオンを含まない純水ベースの消火薬剤ですので


周囲への悪影響がありません。


超低電導性薬剤と霧状放射ノズルにより、


通電火災にも適応できます。


純水に安全な湿潤剤を配合した中性薬剤ですので


人体に対する影響が非常に軽微です。


サビ、キズに強いステンレス容器です。


電子機器、精密機械、クリーンルーム等には、いいと思います。







【思うこと】 相手の立場で考える   《スタッフH》

世の中には、色々な人がいる。

神経質な人、無頓着な人、物静かな人、豪快な人、本当に色々だ。

私たち会社では、全員が営業マンであり、技術者である。

点検、工事だけでなく、会話も大事である。

会話があれば、たとえお客さんと言えど意見の食い違いが出ることも。

社員同士でも、そんな時があったりするだろう。

そんな時、注意しなくてはいけないと思うこと。

相手の立場で考えることではないだろうか。

DSC03427.jpg

人はそれぞれ自分が正しいと思っている。

ある問題で意見が対立したとき、それぞれが正しいのは自分だと

信じているが、道理に二面性はありえない。

お互いが、相手の立場に立って、相手の意見を理解するよう努めてみる。

相手の立場から問題を考えてみれば、相手の気持ちもわかるはずだ。


相手の立場で考えることを大切にしたい。




新型インフルエンザ  (スタッフS)

今日は西東京市内の保育園数件に、改修に行ってきました。


先日点検した結果、不良箇所がありその改修です。


新型インフルエンザの影響でしょう。


保育園に行くと、玄関にアルコールの消毒液が置いてありました。

アルコール


手を良く消毒して中に入りました。


中では子供達が楽しそうに遊んでおり


新型インフルエンザなんて吹き飛ばしてしまいそうな元気を感じました。


これから大流行を迎えるであろう新型インフルエンザですが


帰ったらうがい、手洗いを徹底し、予防に勉めて頑張りましょう。


改修はというと順調に進み


問題無く終わり良かったです。


















感電したら! 消防点検してますか? スタッフM

みなさん こんにちは

スタッフ  です

消防点検 してますか?



消防設備は消防法によって

専門的知識や技能を持った消防設備士や点検資格者によって

定期的な点検を行い、消防機関に報告することが義務付けられています。




そんな 点検中

さわったら 逝っちゃうよ
感電 ぎりぎり工事!」

感知器の交換で

有名な電気会社さんが
「触ったら逝っちゃいますんで」

素の顔で さらっと 言ってみせてくれました。



その人の顔を 2秒見続けたあと (あなたが点検資格者とるべきだよ) 
私は
ぎりぎりの 人生をしていました。

DSC06320.jpg


6600V?
それって
何V?
 みたいな かんじです


DSC06319.jpg

多分
5段脚立が
50段脚立になったくらいの V なんだろうな~

士の心
ゆれる ゆれるや 
士の心

点検してますか?

非常警報設備(スタッフG)

こんばんは。



スタッフGです。



今回は、以前行った非常警報設備の交換工事の画像を載せます。




DSC05117.jpg
作業前



DSC05119.jpg
作業後



作業前と作業後の写真を見てください。



一見同じ大きさに見えるかも知れませんが、



よく見ると、



交換後の商品は時代の流れで小型化が進んでおり、



リニューアルプレートを使用しています。



でも違和感無いですよね?



メーカーもよく考えています。



さすがですね。



僕もメーカーに負けないよう、



これから進化していかないといけないなと思いました(笑)



それでは、また。

配線工事(スタッフD)

今日は自火報の配線工事に行ってきました。

新築現場なので、まだ部屋が完成する前に配線を引き終えねばなりません。

図面を見ながら、完成した部屋をイメージし、配線を引いていきます。
IMG_2067.jpg


現場では様々な職人さんが出入りしており、協力なくしては工事は進まない為、

配線の出す位置や電源の引き込み等を打合せします。

多少のトラブルはあったものの、無事配線を引き終える事ができ

次は、器具付けとなりますが。。。。

一番トラブルが多いのが器具付け・・・

配線が出ていなかったり、打合せとは違う位置に出ていたり。。。。


さて、今回の現場はどうでしょうか??・・(汗


非常照明器具(スタッフK)


画像 273


非常照明器具とは、人間は急な災害に遭遇しても、


明るく周囲の状況がよくわかると比較的


落ち着いて行動できますが、一瞬にして暗くなると


心理的に不安感が増してきて、何かのきっかけで


パニックになる事もあります。


そこで災害が発生しても落ち着いて避難等できるように


最低限度の照度を確保する必要があります。


災害時は停電になりやすいものです。


送電線や配電線が火災の被害を受ける事もありますし


消防隊が放水をする際に


感電防止の為、意図的に高圧電線の電源を切る事もあります。


そこで、主な居室や避難経路には最低限度の照明を確保するため


非常照明器具の設置が必要となります。


この装置は一般電源ではなく蓄電池など予備電源によって点灯するもので、


一般電源が停電によると自動的に予備電源に切り替えられて点灯します。


写真は、非常用照明器具の非常用バッテリー交換です。







【消防設備保守点検】  法改正 ≪スタッフH≫

今日は、消防設備点検要領の一部改正についての連絡です。


消火設備

写真はガス消火設備ですが、今までは必要の無かった点検が追加となりました。

容器弁についての試験です。

容器弁とは、ボンベの上に付いているものを言います。

容器弁

上記写真のようなものです。

この器具の耐圧試験が必要となりました。

試験対象は、設置後15年を経過したものです。

試験の意味は、経年劣化や腐食に対する安全性確保のためとなっています。

15年を経過したものは、20年までに全ての容器弁を試験しなければならないようです。


ここから先が問題なのです。

容器弁の耐圧試験実施には、対象ボンベのガスを抜かなければ出来ません。

ということは、ガスの再充填が必要となるのです。

現在色々と調査していますが、

新しいボンベに交換したほうが安価なのではという意見もあります。

点検手順を説明します。

①代替ボンベを現場へ搬入

②試験対象ボンベ搬出

③耐圧試験実施(工場にて)

④検査終了ボンベを現場へ搬入

⑤代替ボンベ搬出

このような感じです。

大変だと思いませんか?

この試験が、今年3月31日に総務省消防庁より通知されてしまったのです。

今後、お客様へ細かい説明はさせて頂きます。


マンション・ビルのオーナー様、建物管理者の皆様、

大変だとは思いますが、出来る限り勉強させて頂きたいと思っております。

宜しくお願い致します。



通勤 (スタッフS)

私が今住んでいる所は武蔵村山です。


会社まで片道16km以上の道のりを毎日通っています。


原付で
トウデイ

行きは裏道を多く使い、それほど危険を感じないのですが


帰りは裏道を使うのがめんどうで、どうしても新青梅街道を使ってしまいます。


この道は2車線で、車の交通量も多く、みんなスピードを出して走っており


自分の横を追すごい勢いでい追い越していく為


かなり危険度が高く、通勤が命がけです。


なので7月から中型バイクの免許を取得しようと


教習所に通っています。ほとんど日曜日しか行けず


かなりダラダラと教習を受けてますが


この前やっと1段階が終了し折り返しとなりました。


早く免許を取り、ゆとりある通勤がしたいです。

非常照明器具交換(スタッフG)

こんばんは。



スタッフGです。



以前、消防設備点検を行い、バッテリー不良が判明しました。



既存器具が取り付けから20年以上経過し、



老朽化している為、



建物オーナー様に事情を説明し、



今回、非常用照明器具 (階段通路誘導灯兼用型) の交換をする事になりました。



作業前
交換作業前



取外中
交換作業中



新・旧
左側:旧品 右側:新品



交換後
交換作業後



特に問題なく終了したので、よかったです。



あっ、忘れてた



本日、9月1日は防災の日です。



最近、災害が多数発生しております。



御家族皆様で防災について考えてみてはいかがでしょうか?



それでは、また。

«  | ホーム |  »

プロフィール

ナカムラ防災株式会社

Author:ナカムラ防災株式会社
拠点:東京都西東京市
業種:消防設備業
スタッフ:十数名
このブログでは、弊社スタッフの日誌を公開しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
スタッフH (100)
スタッフK (99)
スタッフD (99)
スタッフM (99)
スタッフG (99)
スタッフS (99)
スタッフY (31)
スタッフA (38)
スタッフT (46)
スタッフA.T (13)
スタッフHY (18)
スタッフN (18)
スタッフRK (4)
スタッフNS (3)
スタッフKA (2)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。